2013年12月 のアーカイブ | アフィリエイトで1万円稼いだ元魚屋のオナ禁と日記ブログ

オナ禁1週間を終えて~7日目~

この記事は約3分で読めます。



オナ禁を始めて1週間が経ちました。
気付けばあっという間に過ぎてしまいましたね。

5日目あたりが一番危なかったです。
性欲の高さが異常で我慢出来ずにAVを見てしまいましたから。
そうしたら非常に興奮してハイテンションになりました。

「うおお!」と自分の中からパワーを感じたのですが、
僕の中で危ない状況だと感じたので、
体を動かしたりして気持ちを抑えました。

運動したおかげでオナ禁を継続することが出来ました。

いやーしかし危なかった。
性欲があまりにも高くなるとこういう状況になるのかと思いました。
性的欲求は凄い力を持っているんだなと感じました。

こちらの記事でエロを禁止することと熱中するものを持つことが、
オナ禁当初では必要だと解説しましたがまさにその通りです。

僕の場合はアダルトなことについて考えないようにし、
視界に入れず運動や仕事に熱中することが出来たのが、
続けられた要因です。

あなたも実践する際は注意してみて下さい。

で、7日間オナ禁をしてみて、
性の欲求がいかに強いエネルギーを持っているのかについて、
実感したわけですがそれによって気付いたんですよ。

性欲をどうコントロールするか?

このことの重要性に。

世の中を見ても高すぎる性欲によって、
毎日多くの問題が起こっていますよね。

痴漢だったり盗撮であったり・・・
それだけ性の欲求は人を動かす原動力になってしまいます。

しかし、使い方を変えればその人を成長させることにもつながります。

それは仕事や恋愛であったり人間関係であったり、
オナ禁によって抑えた性のエネルギーを向かわせる場所を変えることにより、
自分も周りも良くすることが出来ます。

だからこそ、性欲をコントロールするすべを身につけるべきですし
いかに自分で管理出来るようになるか。

が大切でありこのスキルを身につけるべきだと感じました。
僕自身も完璧にコントロール出来ていないので、
これからもオナ禁を実践していこうと思いました。

 

また、1週間のオナ禁をしてみて以前よりもモチベーションというか、
やる気が出てきたと感じました。

「何かやろう!」と思うようになりました。

これは精神的な面での変化ですね。
性欲を発散せず抑制していたので、
それを何かで出そうとするようになったからです。

この時に熱中出来るものか集中する何かがあれば非常に良いです。

有り余っているエネルギーをそこに向けることが出来るので、
以前よりも物事を発展させることが可能になり、
それによってあなた自身が成長しますからね。

そうすれば人生が楽しくなります。

僕自身そう感じました。
オナ禁前よりもエネルギーを自分に感じますし、
運動、仕事に集中出来て毎日が充実し始めましたから。

また、目標を決めておこなうのも良いですね。

自分の中でゴールや数値を設定することにより、
そこに向かって脇目も振らず一直線に進むことが出来るので、
比較的達成しやすくなるからです。

それと、肉体的な変化についてはかなり朝起きるのが楽になりました。
寝坊するのも無くなりましたからね。
些細なことですけどこれは僕にとって重要なことです。

自分で決めた時間に起きられることによって、
無駄に寝てしまうことが無くなりましたからね。
オナ禁前だったら惰眠をむさぼることが多かったので、
この変化には喜びました。

布団からすぐ出られるようになることは気持ち良いですね。
1日を快適にスタート出来ます。

1週間で精神面、肉体面で変化があったおかげで、
オナ禁を今後継続するモチベーションも上がりました。

やはり結果が出ると俄然やる気が出ますね。

今後は2週間を目標に継続していきます。
どんな変化があるのか楽しみです。

 

PS
今年がもう今日で終わりですね。
1年間が過ぎるのは本当に早かったです。
来年もさらにより良い年にするために禁欲を頑張りたいと思います。

 

オナ禁を知った時の話

この記事は約4分で読めます。



僕がオナ禁を始めて知ったのは2010年4月のことでした。

当時大学2年生。
時間だけはあったので授業の合間や行き帰りの電車の中で、
携帯でインターネットをしていました。

そんなある日のこと授業が終わり暇だったので、
パソコンのある部屋でネットサーフィンに明け暮れていました。

時間は18時前後、人もまばらで後ろの席だったので、
アダルトなことでも調べられる状況でした。

「お、ラッキー」と思いエッチなサイトを巡回したり、
画像、動画を検索していました。
(今思えばろくな学生じゃないですね・・・)

とそんなことをしていた時に、
偶然こんなサイトを見つけました。
↓↓↓
自己改善により毎日を大切に生きる
(現在サイトにはいけますが各リンク先のページは開けなくなっていました)

「ん、なんだこれ?」と感じたのが最初の印象でしたね。
ですが、興味を持ったのでサイトを閲覧して、
文章を読んでいったら「オナ禁」という言葉に辿り着きました。

オナ禁・・・右手が恋人になることを禁止することをいうんだなと、
この時初めて知りました。

そして、さらに興味をそそられたのがオナ禁による効果でした。

継続して行えばコミュニケーション能力が向上して、
対人関係がうまくいきモテるようにもなれるし、
イケメンにもなれるとサイトには書いてあったので、
「なんだこれ、凄いな!オナ禁」と興奮している自分がいました。

何故なら、僕がこの時対人関係がうまくいっていなくて、
友人が少なく当然女性にモテない男だったからですね。

また、スーパーサイヤ人のような状態にもなれると、
サイト上には記載があったので、
その効果も体験してみたいと感じたので、
やってみることにしました。

やることは簡単だったので早速その日から始めてみました。

オナ禁初日は性欲が高くて、
すぐに自分でぬいてしまいそうになりました。
エッチなものは何も見ることが出来ず、
視界にすら入れられない状況でした。
それだけ性欲が高いことがわかりました。

1日おこなってみていかにオナ禁を継続してやることが、
難しいことなのかを思い知らされました。

「こんな辛いことを何ヶ月もするのか・・・」
と思うと続けている人は恐ろしく我慢強いんだなと感じました。
(実際、大変なのは最初だけで何ヶ月も続けているとしないのが普通になります)

結局、初めてのオナ禁で10日を達成しました。

達成後、我慢出来ずに自分でしてしまいました。
その時のスッキリ度合いといったら・・・
とてつもないものでした。
あんな気持ち良いことがあるのかと感じましたからね。

その後、オナ禁効果をさらに体感するためにまた挑戦することにしました。

しかし、なかなか継続することが出来ませんでした。
1週間続けることすら出来なくてまた右手が恋人に戻っていきました。
性欲も高くてついついアダルトなことを考えてしまい、
気付けばエッチな画像や動画を調べていました。

エロを断とうと決意したことは数え切れないほどありました。
自分でしてしまうたびに「これじゃダメだ!」と思い、
今度こそ続けようと考えるのですが、
弱い自分に勝つことが出来ませんでした。

そんなことを何度も繰り返し気付けば3ヶ月がたっていました。
僕の中ではもう「無理かな・・・」と思い始めてきて、
惰性でオナ禁をするようになりました。

何となく我慢してしたくなったらする。
明確な目標も目的もない。
僕の中で何のためにオナ禁をしているのかわからなくなりました。

「もうやめようかな・・・」と感じるようにもなりましたね。
継続する気力すらもうなかったですから。

そんなことを考えてオナ禁に対するモチベーションを失い5ヶ月がたちました。

 

2010月12月のことです。
世間はクリスマスムードでした。
僕には当然彼女はいなかったので、
関係ない日だと感じていました。

ある日、学校に通学し授業を受けた後図書館で本を読んでいました。

読書するのにも飽きてきて帰ろうかなと思い、
出入り口を出た時偶然友人と会いました。

この友人は僕がオナ禁をしていることを知っていて、
割と禁欲の話を出来る人でした。

当然のごとく友達から最近のオナ禁事情を聞かれたので
上手くいっていないと答えました。
「そうかー」と言われてしまいました。
友達自体もオナ禁に興味はありますが、
なかなか継続出来ていないようで僕と同じ状況でした。

その後、久しぶりにオナ禁について会話をしました。
図書館の出入り口で成人した大学生2人が、
禁欲について話していたので、
周囲から見たら奇異に見られたと思います。

しかし、僕としては久々に話せて楽しかったです。
この再会が要因となり僕の中で、
「またオナ禁に挑戦しよう!」という気持ちが湧きあがってきましたからね。

テンションはとても高くなりました。
話したその日に1ヶ月を目標にオナ禁を開始することにしました。

まさかその後いきなり4ヶ月を達成するとは思いもよりませんでしたが・・・

続く。

 

肉体の変化が出てきた~4日目~

この記事は約3分で読めます。



オナ禁4日目に入りました。
最初は「続くのかなあ」と思っていましたが、
意外と継続出来るものですね。

4日目に入ってみましたが精神的な変化についてはまだありません。
それは全然と言っていいほどですね。
まったくもって変わってません。

精神面とはうってかわって肉体面には変化がありました。

疲れずらくなったんです。

多少ですけどね。
しかし、体が少し軽く感じるのでいつもよりも爽快な気分でいられます。

それにオナ禁と並行して筋トレもやっているのですが、
疲労を感じなくなってきたので、
今までよりも量をこなせるようになりました。

以前は、ウォーキング1時間と筋トレを週に5日おこなっていました。

筋トレのメニューは腕立てや腹筋、背筋、スクワット等を、
20回×2セットをやっていました。

オナ禁を始めてから肩や腕も鍛えるようになり縄跳びも始めました。
縄跳びは200回ほどですけど息が切れて膝が痛いです。
予想以上に飛ぶ動作は体力を使うことがわかりました。

ウォーキング時は1キロの鉄アレイを持ち、
筋トレはそれぞれ30回×2セット出来るようになりました。

最初の頃は腕立て10回すらまともに出来なかったので、
継続することは大切だなと改めて感じさせられましたし、
オナ禁のおかげでこなせる数が増えたので、
僕としても嬉しかったです。
マッチョ目指してみます。

また肉体的な変化のおかげで運動だけでなく、
他のことにも行動的になれたのが良かったですね。

例えば、前は僕は何か人から頼まれても、
「はい」と返事をして後でやる癖がありました。
すぐ行動出来なかったんですよ。

風呂掃除なんかが良い例ですね。

で、結局やろうと思って風呂に行くと、
他の人が掃除しているんですよ。

聞くと、「やるのが遅いから自分で掃除した」
と言われるんですよね。

こんなことがしょっちゅうありました。

ですが、肉体的な変化でフットワークが軽くなったことにより、
「掃除して」と言われて「はい」と返事をしてから
すぐに動けるようになりました。

これには自分でも驚きましたね。

「行動が早くなったな」と自分で感じるほどでしたから。
些細なことですけど嬉しかったです。
頼まれた人からも感謝されることが増えましたし。

 

体は資本といわれているので体力があって、
疲労しずらい肉体というのは重宝します。

確かに、毎日自分でしていた時は非常に疲れやすかったです。
少しの動作で疲れてしまったりすることは良くありましたから。
そう考えると4日目ですけどオナ禁には肉体的な変化があるのだと考えられます。

たかだか4日ですがされど4日ということなので、
続けていて良かったなと感じました。

時間にしたら96時間ですが。

で、こういう変化があるとオナ禁のモチベーションが上がるので、
僕としては嬉しいかぎりです。

何故なら始めた当初って「変化が本当にあるのか」疑心暗鬼になるので、
効果を感じる前にオナ禁をやめちゃう人が多いからですね。

これは本当にもったいないです。
「あれ、なんか自分変わった!?」と思えることが少しでもあれば、
継続が出来るのでまずはそこを目指すのが目標になります。

ちょっとしたことでも良いんですよ。
自分が変わったことを感じられればそれがやる気に変わって、
もっとオナ禁を続けようと思うようになるので、
多少なりとも変化があるまでおこなっていきましょう。

 

オナ禁で感じた不思議な体験

この記事は約4分で読めます。



「オナ禁には凄い効果がある!」と言われても胡散臭いですよね。
僕も最初そう感じていましたし。
オナ禁を始めた動機も興味本位でしたからね。

しかし、実際におこなっていると効用は確実にあったんですよ。
その中の1つを今回は紹介しようと思います。

 

「電車効果」という言葉を知っていますか?

「電車効果」とは電車内で女性が今までよりも近付いてきたり、
体の一部が触れたりすることを指します。

僕はこれを経験したことがあります。
あれは、オナ禁3ヶ月を超えた2011年3月のことでした。

僕は当時、就職活動をしていたのですが、
その際電車で移動することが多々ありました。

いつものように電車に乗り座席が空いていなかったので、
僕はドア付近の座席の前に立つことにしました。    

携帯電話でメールをチェックしたり会社に関する情報を調べていました。

しばらく乗っていると駅に着きました。
すると、沢山の人が降りて僕の周りの席が空き、
多くの人が乗車し座席に座りました。

僕は「座らなくていいや」と思い、
その場で立ったままでいました。

携帯電話に集中していたため気付かなかったのですが、
数分後ふと顔を上げて周りを見渡してみると、

僕の周りにだけ女性が集まっていたのです。

「え、え、どういうこと!?」

そう思い僕自身取り乱しました。
座席は空いていませんでしたが、
車内には余裕がありました。
なのに何故か僕を囲むように女性が近くにいました。

年齢層もバラバラで高校生、大学生、OL、主婦がいました。

何が起こっているのかわかりませんでした。

しかも、それだけではなく僕の隣に立っている女性が、

左腕を僕の右腕に押し当ててきました。


僕は「???」となりましたが、
変に取り乱すと相手から勘違いされたり、
他の乗客から不信に思われると感じたので、
そのままでいました。

車内で立ったまま女性と腕が密着している・・・

僕はわけがわかりませんでした。

結局、僕が降りるまで腕を密着させたままにしました。

下車後その女性が何を思っていたのか、
考えましたがわかりませんでした。
何故車内には余裕があるのに
わざわざ僕の隣に来て腕を押し当ててきたんだろう・・・

いくら考えても答えは出ませんでした。
いまだに謎のままです。

 

他にも電車内で派手な女性が隣に座ったことがありました。

僕はのび太似という残念な容姿のため、
ギャルに対して劣等感がありました。
「自分なんか相手にされない」と思っていました。

そういった気持ちや容姿も相まって、
電車内で派手な女性が隣に座ることはありませんでした。

しかし、オナ禁3ヶ月を超えたある日、
電車に乗り座席に座ると、

右隣にギャルが座ってきたのです。

こんな感じの子です。
↓↓↓
ギャル画像

「な、なんだこの状況は!」
「僕は夢の中にいるのか・・・」

その時の僕のパニック度合いはひどかったです。
人生で初めてのことだったので取り乱しましたしね。

またそれだけではなく左隣には女子高生が座りました。

右隣には派手な女性。
左隣には女子高生。

内心は嬉しかったのですが、
今までこんな状況がなかったので、
落ち着けませんでした。

変に緊張しましたし。

不思議なことにその後オナ禁をやめると、
ギャルが近づいてくることは無くなりました。
残念ですね。

 

この経験から何故オナ禁をすると女性が近付いてくるのか?、
考えてみると性欲が関係していると思いました。

オナ禁3ヶ月を超えたあたりから、
僕の中では性欲が低下して、
以前より女性を見ても興奮することが無くなりました。

自分でも驚くほど落ち着いて異性と接することが出来ました。
下心を持ちながら女性と話をしなくなりました。
執着もしなくなりました。

オナ禁前だったら女性に対してそわそわしながら話をし、
下心を持っていたので相手側がエロい雰囲気を感じていたのだと思います。

しかし、オナ禁により性欲が低下した関係で、
女性に対して冷静に接することが出来るようになったこと。

これが異性から見たら余裕があるように見えて、
近寄って来るようになったのだと思います。

実際、オナ禁90日を超えてみると、
電車内や外で男性を見掛けた際に、
何となく変な雰囲気が出てる人を、
見分けられるようになりましたからね。

性欲が高くて女性に対して性的な目で見ていることが、
男性側から見てもわかるほどでした。

確かにその状況だと女性は近寄ってこないあ・・・と
感じます。

まあ、それに気付けたのもオナ禁に挑戦したおかげですが。

少なくとも何か効果はあるのでやってみると良いですよ。
もしかするとあなたもこのような効果を感じるかもしれません。

 

PS
性欲が低下したことにより異性と落ち着いて接することが出来、
「電車効果」を感じましたが落とし過ぎないように気を付けて下さいね。

実際、僕は性欲が無くなってしまい、
女性に興味がなくなった時がありましたから。

そこまでしてしまうと肉体にも悪影響がありますし、
生殖機能の衰えにもつながるので、
何事もバランスを保つことが大事になります。

 

エロ禁の重要性に気付く~3日目~

この記事は約4分で読めます。



オナ禁3日目に入りました。
朝から思いっきり寝坊してしまい、
布団から出るのにまたも苦労しました。

本気で朝の寝起きを良くしないといけないと思います・・・
何とかしたいですね。

オナ禁は順調に続いています。
しかし、今回は我慢出来なくなりそうな時がありました。
それはエッチな画像や動画を見たことですね。

パソコンで調べ物をしている際に、
ふとエッチな画像が目に入ってしまい、
見る気はなかったのですが、
ついつい見てしまいました。

僕の中でムラムラとした気持ちが出てきて、
興奮してきました。

「あ、このままだとヤバイ!」

そう感じてすぐに画像を消してパソコンを閉じるようにしました。
危なかった、セーフですね。
その時は我慢出来たのですが後が大変でした。

一度エッチなことを頭で考えたので、
何度も思い出してしまって、
なかなか他のことに集中出来なくなったのです。

そうなった場合はすぐに体を動かすようにして、
ムラムラを解消するよう努めました。

いやいや、この一件でエロ禁の大切さに気が付きました。
(エロ禁とはエッチなことやエロいことを見ない、考えないことを指します)

オナ禁1日目、2日目で性欲が高くて、
アダルト類を見ないようにしていましたが、
3日目でさらに視界に入れないようにしようと感じましたね。

僕の過去の経験上でも、
このエロ禁がオナ禁を続けられるかどうかを左右します。

我慢出来なくなってしまうパターンは決まっていて

 

①エッチなことを見る、考える

②興奮する、ムラムラする

③我慢出来なくなる
「ちょっとぐらいしても良いでしょ・・・」
と思う

④してしまう

 

ほとんどこの流れですね。
だから、オナ禁当初は気を付けて下さい。

甘い誘惑はどこにでもあります。
携帯、パソコンでネットサーフィンをしている最中に、
視界に入った画像や動画。
外出した際にちらっと見かけた綺麗な女性等ですね。

僕も経験がありますが自分でする気はなくても、
ふとした時に見た物でしてしまうことは、
数え切れないほどあります。

夏場に外を歩いていて女性の生足を見て
トイレに駆け込んだこともありましたからね。

それだけオナ禁を始めた当初は注意が必要ですので、
エロを自分の視界から消す努力をしましょう。

対策としてはパソコン、携帯のエッチな画像、動画の削除。
サイトが見れないようにブロックするのもありですね。
外出した際は意図的に女性を見ないこと。
豆乳を飲んで性欲を抑えるようにする。
あとは、ムラムラしたら運動することと、
何か熱中出来るものを見つけるのが良いですね。

特に最後の集中することを見つけるのは、
オナ禁を続ける手段の1つとしてかなりお勧めです。

暇な時間が多いとついつい意識がエロに向く傾向があるからです。

例えば、僕の場合は初めてオナ禁4ヶ月を達成した時は、
就職活動に必死になっていました。
当時は、会社に入れるか入れないかで人生が決まるので、
がむしゃらに努力していました。

頭の中は就職活動一色で片隅にオナ禁がある程度でした。

時間が余ることはなく常に空き時間があれば、
新聞を読んだり、企業について調べたりしていました。

たまに自分がオナ禁をしていることを忘れることもありましたね。
女性が近寄って来たり異性と接する機会が増えたり、
前向きでエネルギッシュに就職活動に打ち込んでいて、
「ん、これはオナ禁の効果か?」と感じることで、
気付くことはありましたが。
そんな状況だったから続けられました。

逆にオナ禁が続かない時期というのは、
何か楽しめることや集中出来ることが無かったですね。

空いた時間が多かったのでエッチなことについて気付いたら考えていて、
興奮してしまって我慢することが全く出来ませんでした。

 

このことからわかるようにあなたがオナ禁を始める場合は、

・熱中出来ることを見つける

・最初はエロについて考えない
見ないことを徹底する

この2つが継続して行う際に必要になりますので、
気を付けて下さいね。

 

PS
勿論、エロを見ない、考えないことは、
性欲が高い人はした方が良いですが、
低い人には必要ないです。
我慢出来なくなる大多数の原因が性的な欲求の高さにあるからですね。

なので、あなたがオナ禁を実践する際は注意してみて下さい。

PPS
前回の記事で無調整豆乳を購入して飲み始めましたが、
慣れないので牛乳と混ぜて飲んでいます。

しかし、それでも飲むのが大変なので
調整豆乳を試してみることにしました。
飲んでみて良いのがあったらここでも紹介しようと思います。

 

豆乳を買ってみた~2日目~

この記事は約3分で読めます。



前回の記事でオナ禁1日目を乗り越え今回2日目に入りました。

本日も朝起きるのが辛く足腰が重い・・・
何とかならないかあと思ってしまいました。
そのせいで寝坊しましたしね。
布団から出るのにも一苦労しました。

性欲の方は相変わらず高いので、
アダルト類は一切視界に入れないようにしています。
(見たらしちゃいそうなので)

意図的に避けている状態ですね。
正直きつい部分はありますけど。

1日目の記事で性欲を抑える為に、
豆乳を買おうか検討したことがありました。

その時はまだ購入するのはやめておいたんですが、
あまりにもムラムラすることが多くて、
この興奮を何とかしたいと思ったので、
思い切って豆乳を買ってみました。

選んだのは紀文の無調整豆乳です。
↓↓↓
豆乳

これを買った理由は調整されていないのと、
スーパーで簡単に手に入るからです。
また値段の安価なので比較的長く愛用しても、
大丈夫だと思ったのもあります。
(調整されているのは色んな物が入っているから
体に悪いとネットで調べたら出てきました)

250ml、500ml、1000mlの3種類がありますが、
僕の行ったスーパーには500mlがなくて、
250ml、1000mlの2種類がありました。

どちらを買おうか迷いましたが沢山飲めるので1000mlにしました。

そして、家に帰り早速飲んでみると・・・

まずい!!!

おええ・・・何これ飲めたもんじゃないですよ。
あまりにも美味しくないのでコップ1杯飲むのに、
必死になってしまいました。

「調整されている豆乳買えばよかったかなあ」
と思うほどでした。

今思えばいきなり無調整はやめた方が良いかと思います。
確かに無調整の方が味を良くするために色々入っていないので、
体には良いと思うのですが、いかんせん味が悪すぎます。

僕もそのままだと飲めないので牛乳と混ぜて飲むようになりました。
今は牛乳:豆乳=5:5の割合です。
飲み始めは牛乳:豆乳=8:2や牛乳:豆乳=7:3でも良いかと思います。
その方が豆乳のまずさ加減が緩和されます。

他の飲み物と混ぜてみるのも良いかと思いますよ。
僕の場合は牛乳が良かったのでそれにしただけなので、
自分なりにやってみると良いですね。

勿論、調整豆乳を最初から買うのでも良いです。
僕も少し飲んでみましたが無調整と比べて格段に美味しかったです。

「わざわざ自分で混ぜるは面倒だなあ」と思うのであれば、
買っちゃう方が早いですからね。

まずは豆乳を飲むことに慣れることが大切なので、
最初の頃は何かと合わせて継続していくことが必要です。

しかし、当時の僕は「うわあ、明日もこれ飲むのかあ、やだなあ」
正直思っていました。

豆乳に慣れてないからなのですが、
それだけ無調整が美味しくなかったからですね。
(勿論、毎日飲んで慣れれば何も混ぜなくても美味しいと感じます)

若干、「やめようかな」という考えが頭をよぎりました。
ですが、性欲を何とか抑えたかったので、
また飲もうと思えました。

まずはコップ1杯から始めよう。

そう決意して豆乳を飲み続けることに僕はしました。

 

初めてのオナ禁~1日目~

この記事は約3分で読めます。



僕がオナ禁を初めておこなったのは忘れもしない2010年4月のことでした。
桜の咲く季節でした。
懐かしいな・・・

始めた動機は単純にネットサーフィンをしている際に、
オナ禁という言葉を発見しおこなえば肉体や精神に変化があると、
書き込みがあったからです。

またオナ禁を続けるとスーパーサイヤ人に似たような状態になれる
と書いてあったのもやり始めた理由の1つです。
(スーパーサイヤ人効果と言います)

「へー、なんか面白そうだなやってみよう」

そんな気持ちでした。

効果に対しての期待は特に無く単純な興味本位でした。
なので、「何日続けよう!」、「モテるようになろう!」等の目標も無くスタートしました。

今考えれば「目標も持たずにやったことは失敗だった」と思います。

それは、オナ禁は目標を達成するための手段の1つであって、
やること自体が目的ではないからです。

しかし、当時の僕にはそんなことはわからず・・・
(知識も経験もないためですね)

実践した初日はまず朝起きるのが非常に辛かったです。
足腰が異常なまでに重くて布団から出るのに苦労しました。

目の下のくまも凄くて自分でも見ていられないぐらいのブサイクな顔をしていました。
外見が良くないのにさらに悪くなるのでショックをうけました・・・

性欲も強くて外出した際に女性の方をチラチラ見てしまいました。
可愛い子がいると尚更目がいってしまって、
何度も見ることが数え切れないほどありました。

アダルトなものや雑誌は完全に見れない状態でした。
目に入るだけで興奮してしまうので、
パソコンを見るのもためらいました。
どうしても性的なことを調べてしまうからですね。

オナ禁を開始したらまず性的こととは縁を切るのが必要だと思いました。

それまで右手が恋人で毎日のようにしていたので、
しないのはとても辛くて我慢するのに必死でした。

それだけ性的な欲求が高かったんだと思いますし、
僕自身の中で性のことに振り回されていたんだなあと感じましたね。

成人男性としては自然ですけど人としては、
危ない状態だったかもしれません・・・

目つきも鋭くなりがちで綺麗な女性をどうしても探してしまいました。

しないのってこんなに大変なんだな・・・と改めて気付かされましたね。
これは僕にとっては新しい発見でしたから。
それだけ今まで右手が恋人だったのが当たり前だったからだと思います。

まだ、1日目なので肉体や精神の変化はありませんでした。
ただ性欲との付き合い方がポイントになるなとは感じました。

性的な欲求をどうすればいいかなと思い調べてみると、
性欲を抑えるのに豆乳が良いってことがわかったので、
買いに行ってみると「調整」と「無調整」の2種類がありました。

どちらを購入するのが良いかなあ・・・と思いましたが、
豆乳を飲むことに抵抗があったので買わないことにしました。
「美味しくない」と周りから聞いていますし、
調べても良くない声が多かったからです。

まずい物を飲んだり食べたりするのって抵抗ありますよね。
僕も同じようにわざわざそんな物飲みたくないなあと思ったから、
今回は購入することをやめたんですよね。

それに新しいことをするのに多少なりとも、
怖さのようなものがあったのも事実です。
オナ禁に対しては興味で出来ましたけど、
周囲からの評判が悪いことをおこなうとなると、
ちょっと気が引けました。

オナ禁1日目を終えて感じたのは

性欲を抑えることがとても大変だ

ということですね。

まずこの部分が一番辛い点だと思います。
そのせいで禁欲するのをやめる人が多いのもうなづけます。

どう付き合っていくのか。
それが今後の課題になると思います。

 

成功と失敗を分ける境界線

この記事は約4分で読めます。



誰もが心の中では「成功したい!」と思っていると僕は感じています。

中には「そうは思わない」と言う方もいますが、
少なからず失敗ばかりの人生を歩むのなら、
成功して大金を稼いで、優雅な生き方や、
好きなことに熱中出来る人生にしたいと思います。

ですが、現実には成功する人はごくわずかで、
大半の人が普通の生き方を強いられているのが現状だと思います。

その違いは何なのでしょうか?

僕が考えて思ったのは「自分の成功を信じる力の差」
なのではないかということです。

しかも、その力の強さは他人や世間から何を言われてもブレず
無意識で感じるレベルまで落とし込んだものであると思います。

そんな風に考えるようになった背景には
瞑想関連の本を読んだことが関係しています。
その中で何社も会社を経営していて、
富豪になった方の成功要因を書いた部分がありました。

そこにはとてもシンプルに成功した原因が書かれていました。

本人いわく
自分は失敗を考えずただひたすらに成功することだけを考え続けた。
だから、今成功しているし今後も事業は必ずうまくいく。

そう書かれていました。

また、大多数の人は成功を思い描くがその気持ちを長く保つことが出来ず、
自分の失敗を考えていくから、結局マイナスな方に自分の本心が傾き、
成功出来ないとも書かれていました。

これが成功と失敗を分ける意識の境界線なのかなと思います。

成功を無意識で感じる所まで自分に浸透させることによって、
失敗することを考えなくなります。

そうなると、自分の発する言葉や行動、思考、さらに環境までが変わり、
成功に必要なものが揃って来て後はそのゴールに向かって、
歩いていくだけ。

この状態にまで持っていけるから成功するのだと思います。

成功ではないとしても少しでも自分の人生を変えようと思う事や、
何とかして一歩踏み出そうとしても勇気が出ないことにも、
この考えは通用すると思います。

僕達は何かと失敗することを考えがちですよね。
僕も出来るだけプラスな言葉を使うようにして、前向きに物事を考えるようにしていますが、
何かあるとどうしてもネガティブに考えてしまうことがあります。

頭ではわかっていてもどうしても実際に行動するとなると、
良くない方に考えがちです。

では、ブレてしまう心や消極的な考えに至ってしまう自分を変えるには、
何をやったら良いのでしょうか?

僕は「瞑想」をするのが良いと思います。

自分の本心に耳を傾けて自分がなりたい目標や、
変わりたいと思うのなら、その変わった未来を瞑想中に、
思い切り頭の中で考えること。

そうしていくとその願望は強固になってきて、
周りから笑われたりしても変わらないようになってくると、
思います。

それに、気持ちが強くなってくれば後ろ向きに物事を考えがちな時や、
ネガティブになりそうになっても弱い自分に打ち勝つことが、
出来るようになります。

また、オナ禁にも効果があると思います。

実際、オナ禁に本当に効果があるのかと言われると、
「うさんくさいな」と感じると思うんですよ。
そう感じませんか?
信用出来ないなあと思うのが普通だと思います。

僕も最初は同じように感じていましたしね。

ですが、「効果は期待出来ないけどやってみよう」
と思い行動してみると劇的な効果があったので驚きました。

「こ、こんな効用があるなんて・・・」
そう思ったのは一度や二度ではありません。

結局4ヶ月続いたのですが、何度も止めそうになりました。
その都度、瞑想を行って自分の願望に素直になって、
オナ禁で変わった自分を想像するようにして、
何とか耐え抜きました。

その結果、オナ禁をやる前の自分とは比べ物にならないくらい、
変化した自分がいました。

このことによってオナ禁と同時に瞑想にも効果があることがわかりました。

どちらも胡散臭いと思います。
しかし、周りから見たらバカにされるようなことでも、
続けていったら劇的な変化があること。

他人からみたら「くだらないよそれ」と思われることを、
地道に積み重ねていくことで自分でも考えてもいなかった、
自分になれること。

この2つのことは大切だと思います。

 

アフィリエイトで1万円稼いだ元魚屋のオナ禁と日記ブログ TOP » 2013年12月 のアーカイブ